新 幼牛M

飼育管理上の特徴

1.腹おきがいいこと。粗飼料と共にしっかりとした第一胃をつくります
2.太りすぎません。子牛の太りすぎはサシが入りません。
3.骨がしっかりとした伸びのよい子牛となります

配合飼料表示

飼料の名称ヒシチュウ印子牛用 新 幼牛M
飼料の種類ほ乳期子牛育成用配合飼料
成分量粗たん白質20.0%以上粗脂肪2.0%以上
粗繊維10.0%以下粗灰分10.0%以下
カルシウム0.60%以上り ん0.30%以上
可消化養分総量75.5%以上
含有する飼料添加物の名称及び量ビタミンA、ビタミンD3、β-カロチン、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸、パントテン酸、ビオチン、葉酸、炭酸マンガン、硫酸鉄、硫酸コバルト、硫酸銅、炭酸亜鉛、炭酸マグネシウム、枯草菌、乳酸菌、
プロピオン酸ナトリウム  プロピオン酸として0.07%
原材料名等原材料の区分原材料名
穀類加熱処理とうもろこし とうもろこし
加熱処理大豆 小麦粉
加熱処理大麦
植物性油かす類大豆油かす
その他アルファファミール
糖蜜 ビール酵母
炭酸カルシウム 食塩
りん酸カルシウム
正味重量一袋につき20㎏

関連商品

  1. ゴールド基本M

    肉用牛肥育用配合飼料

  2. ゴールドはらづくりM

    若令牛育成用配合飼料

  3. ゴールドふりかけM

    肉用牛肥育用配合飼料

  4. 長寿牛M

  5. 和牛繁殖M

    肉用牛繁殖用配合飼料

  6. ダイヤM

    若令牛育成用配合飼料

  7. ダイヤMプラス

    育成用飼料

シェパード

牛さん健康相談室

注文フォーム

ページ上部へ戻る